備えはすごく大切

生活でお金に困る時は結構良くあります。働いていればまだ良いのかもしれませんが、専業主婦をしていると一馬力での生活費になるので、旦那さんの稼ぎによっては困ってしまうことも多いのではないかと思います。

私は今旦那さんの稼ぎのみで暮らしていて、お金に困る時がしばしばあります。先日お金に困る時があったのですが、その時は立て続けに大きな出費がかさんでしまい、このままお金が出続けたらどうしようと不安になってしまったものでした。

 

どんな出費があったかというと、急に洗濯機や炊飯器などの家電が立て続けに壊れてしまったり、車をこすって修理に出さないといけなくなったり、家財保険の更新に保険料が必要になったりと、立て続けに大きな出費が続きました。

また、春に向けて子供の学用品などもそろえていかなければならず、結婚してから初めてここまで立て続けに大きな出費が続きました。この時とばかりは心がいつもそわそわして、気持ちが落ち着きませんでした。

また、その他に結婚式に呼ばれてご祝儀代が必要になったり、親戚に赤ちゃんが生まれてお祝いを渡すことになったりと、こまごまと冠婚葬祭代も必要になりました。家電が壊れたり、冠婚葬祭代が必要になることは致し方ないのですが、やっぱりそれが続いてしまうとかなり生活費がピンチになってしまいます。生活費に余裕のある時にしっかりと貯めておくことが大切だと痛感しました。

一番痛かったのは、主人の転職によって大型の免許を取る必要があったこと。教習所代は半分負担だったので痛かったです。なので免許ローン(http://xn--hekm0a9911aup3d.com/)を組みました。転職しなければよかったのになんて思っちゃいます。

 

その時の対処方法としては、やはり普段から貯めている貯金を切り崩して対処しました。毎月毎月どんどんお金がなくなっていくので、この貯金がどこまで減っていくのか、これからどんな出費が続くのか本当に怖くなりました。普段の生活の中で本当に少しのお金でも良いので、少しずつ貯めていくほうが良いと思います。

特に冠婚葬祭は年齢が上がっていくとどうしても増えていくものなので、その時の備えはすごく大切だと思いました。我が家の場合、これから子供たちが大きくなっていくので教育費について頭が痛いです。